5つの楽しい錯覚現象
 
5つの楽しい錯覚現象
 
 
 私たちが見ているものは多くのことに影響されています。錯覚はただ面白いだけではありません。これらは私たちが周囲をどのように見て、知覚しているかを教えてくれます。私たちのカラー認知シリーズ( color perception series)では、私たちの色の見方に影響を与えるいくつかの要素や、それらが製造業の中でどれほどの影響及ぼすのかを見てきました。
 今日は、脳、目、そして環境が、見えに与える影響を詳しく見ていきます。 私たちはこれを、大人のトリック・オア・トリートと呼びます!
 
 

トリック・オア・トリート#1:あなたの脳

 
人間の読み取る力の話から始めましょう。
 
わしたはこれをりいかできるとはしじんられませんでした。にげんんのこころのきょいてうきなちから!ケリッンブジだがいくのけきゅんうによると、ことばのなかのもじのじゅんじょはかけんいないそうです。ゆいいつじゅよううなことは、さいしょとさいごのもじがたしだいばしょにあることです。のこりのぶぶんはふかぜんんでもかいまません。これは、にげんんは、すべてのもじをそれじたいではなく、ことばぜたんいとしてよかむらです。すらばしいですね!私はいつもすりんぺぐがじゅよううだとかがんえていました。
 
これを読むことができましたか?
 

なぜ?

 既に知っていることに基づき、可能な限り完全な姿を見ることができるよう、脳は欠けている細部を補うことができます。これが真実なら、これを使ってできるトリックを想像してみてください!
 
 

トリック・オア・トリート#2:背景効果

 
これは渦巻きですか?それとも円ですか?
 
これは渦巻ですか?それとも円ですか?
 
 背景のチェック柄がその判断を難しくしますが、実はこの画像には何連もの円が描いてあるのであり、大きな渦巻きが描いてあるのではありません。
 
これはどうでしょう?平行に見えますか?
平行に見えますか?
 
 各行を紙で隠して見てみると、これらの水平線が実際に平行であることがわかります。

なぜ?

 私たちは背景の影響を一日中、微妙に受けていているのにそれに気づいていません。私たちは視野覚全体でものを見るので、コントラストのある色や背景は、我々が色を知覚するのに影響を与えています。
 
 科学者たちはこれを、人間が食糧を求めてサバンナを彷徨っていたときの名残り、霊長類に残された遺産だと考えています。今日、牧草地に住む動物がするのと同じように、かつて私たちは絶えず立ち止まり、水平的に危険の可能性を探っていました。数世代を経て、この行動は生まれつき我々に備わるようになったのです。
 
 こういった訳で、人間の目は風景を水平方向に見ようとするため、背景の色や形が我々の知覚に強く影響するのです。ですから、背景効果を作ることが錯覚を作る重要な要因となります。
 
 

トリック・オア・トリート#3:残像

 
白い点のみ
 
 あなたが多くの人と同じであるなら、白と黒の両方のドットが見えるでしょう・・・でも、その中でいくつの黒い点が数えられるでしょう?もし答えがゼロの場合、それは正解です。この画像には黒い点はありません。ここにあるのは白い点のみです!
 
 次に、黒の+を見てください。
 
黒の+を見てください
画像提供:Jeremy HintonとMichaelbach.de
 
 集中して懸命に目を動かさないと、最終的にピンクの点はすべて消え、緑の点に置き換えられます。

なぜ?

 まず始めに、我々の目は非常に疲れやすいものだとお話ししておく必要があります。我々の目には、赤、緑、青のそれぞれの色の光に感じる化学物質をもつ錐体があります。私たちが物体を数秒以上見つめると、これらの化学物質は使い尽くされ、錐体は誤った情報を脳に送り始めるのです。
 もし、このイメージを見つめた後、何だかすべてが少し奇妙に見える場合も、大丈夫です。あなたの目は数分で再調整します。目を閉じて休ませるのが最善の方法です。または、普通に見えるようになるまで、明るくニュートラルなグレーを見ていてください。
 
 

トリック・オア・トリート#4:色の記憶

 
AとBの正方形は同じ色ですか?
 
AとBの正方形
 
これを見てください。
 
同じ色ですか?
 
これらは同じ色なのです
 
 これらは同じ色なのです!
 
なぜ我々はだまされるのでしょう?私たちの脳は、物体がどのように見えるべきかを“学習”し、私たちが見るものすべてにこれを適用します。この画像では、脳は円柱の影があるべきだと先読みして、実際に目がその影を見えるように見える色を調整するのです!
 
 

トリック・オア・トリート#5:視覚的現象

 
視覚的現象
 
目が回りました?
 
これらの画像は実際には動いていません
 
脳が感覚情報を間違える
 
 目が回りました ?でも、これらの画像は実際には動いていません。
 
なぜ我々はだまされるのでしょう?
 私たちの脳は時に、入ってくる感覚情報を完全に間違って処理してしまうのです。これを視覚現象といいます。
 
本当のトリートは
 あなたは自分の目に意図的にだまされているのではないということが分かりましたか?あなたの脳は膨大な量の情報を管理し、できる限りの最善な処理をしています。”色”が重要な産業において、我々がどのように色や物体を認識しているのかを理解することは非常に重要です。視覚が製造業に与える影響をさらに知るには、こちらをご覧ください。 Learn more
 
 

twitter facebook