パントン®がColor of the Year 2017を発表:
PANTONE 15-0343 Greenery(グリーナリー)
フレッシュで元気を与えてくれる、グリーナリーは新たな始まりを象徴する色

image very very very small

ニュージャージー州カールスタッド(2016年12月8日) - エックスライト社のグループ企業であり、デザイン業界向けのグローバルなカラースタンダードと色の権威であるパントン社が、2016年12月8日PANTONE 15-0343 Greenery を2017年のパントン®・カラー・オブ・ザ・イヤーとして発表しました。

フレッシュできりっとした爽やかさのあるイエローグリーンは、自然の緑が芽吹く春の始まりの日や、回復と復興のイメージを思い起こさせます。

みずみずしく生い茂る青葉や広々とした自然の景色の中の豊かな緑、活力をもたらすグリーナリーのメッセージは、深呼吸、新鮮な酸素、再活性化。

“2016年パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーの色、セレニティーとローズクォーツは、混沌とした世の中にあって、調和が求められていることを表現していました。” パントン・カラー・インスティテュートのエグゼクティブ・ディレクターであるリアトリス・アイズマンは語っています。 “グリーナリーは来たる2017年への扉を力強く開き、社会的にも政治的にも複雑な世の中にある私たち全員が熱望する希望をもたらしてくれる色です。 活性化、回復、強い絆への高まる望みを満たす色、グリーナリーは、私たちが自然の中で、あるいはお互いに、そしてより大きな目的の為に再び繋がり合うことを象徴しています。”

独自のモダンなリアリティーや本質的な熱望に深く没頭する人たちは、自然界に存在する美や本来の調和に浸ることに傾倒しています。 グローバルに展開するこの動きは、都市計画、建築、ライフスタイルやデザイン選択などを通して、グリーナリーの色が発する日常生活における様々な高まりを反映しています。 社会の周辺に常に在るもの、グリーナリーは今、最前線に押し上げられたのです。 それは、世界中至る所に存在する色。


PANTONE 15-0343 グリーナリーは、人生を肯定する色、そして情熱とバイタリティーの追求を象徴する色。

“きりっと爽やかなイエローグリーンは、表現、探究、実験や再発明への熱望に語りかけ、快活さやリカバリーの早さを体現する色です”と、アイズマンは述べています。 “元気づけ安心させてくれる色でありながら、主張する活力も持ち合わせるグリーナリーは、私たちに自信と大胆さを以て自らが思い描く通りの人生を過ごすことを後押ししてくれます。 とりわけ、人々が何が自分にとってサクセスフルでハッピーであるかを再定義しつつある、今のような時代においては。”

新たに結び付くこと、探究とお互いの信頼関係の精神にのっとって、グリーナリーのよりパワフルな展開を実現すべく、Pantoneは、世界中でユニークな宿泊施設と経験へのアクセスを提供するコミュニティー・マーケットプレースであるAirbnb(エアービーアンドビー)とパートナーシップを結びました。 これまでに類を見ないコラボレーションは、Pantoneが発信するグリーナリーのヴィジョンと、Airbnbの持つ、旅行者を魅力あふれる体験へと誘うコミュニティーにインスパイアされた結び付きなのです。

 

イノベーションの色
往々にして環境保護主義や自然と結び付けられるグリーナリーの色は、その大胆さ、活力とモダンなテイストとの繋がりによって、テクノロジーとイノベーションを結び付ける糸ともなります。
多くの新しいアプリ、アニメ、先進デジタルの新興企業が、気持ちをワクワクさせて人の注意を喚起するグリーンをロゴに採用することで、彼らの持つパワーを表現しています。 進化とパイオニアスピリットを発信する色、グリーナリーが映し出す起業家精神は、その要素を持つ業界に調和します。

ファッションとグリーナリー
グリーナリーは、自然の中のニュートラルカラー。 クールなブルーと活気あふれるイエローのアンダートーンが溶け合う素晴らしい調和から生まれた色は、幅広いパレットに対応可能な自然の補色。 色とりどりに咲く花々とみずみずしい緑の葉、植物や樹木に見られる可能性のスペクトルのように。 グリーナリーは、アクセサリーやシューズのポップな差し色として、又、パターン上の大胆なアクセントカラーとしても有効な色。 Kenzo、Michael Kors、Zac Posen、Cynthia Rowleyなどの最新コレクションにも見られるように、メンズ・レディースともに使える有能な色。 グリーナリーは又、子供服の無地やプリント柄にも多用されています。

ウェアラブルやスポーツウェアに見られるように、グリーナリーは、ファッションとテクノロジーを融合させる色。 

グリーナリーと室内装飾、建築
建物の外にある自然のグリーンを借景として活用する、室内外のオープンスペースデザインや、足元から天井までの高さのあるガラス戸。 リビングの壁、テラリウム、ボタニカル柄の壁紙、ペイントと、アクセント家具やデコレーション。 全てをグリーナリーで彩れば、深く呼吸してゆったり過ごせる空間が生まれます。 グリーナリーのペイントを施した壁や家具には、ポップな楽しさと、室内にある自然というイリュージョンを創り出す効果も期待出来ます。

室外にあるものを室内に、植物の生命力を表すその色は、自らを尊重することを促し、不安を軽減し、自身の持つ環境への意識を高めてくれます。

グリーナリーと美容
大胆さとバイタリティーの、究極の個人表現。 グリーナリーをヘア、リップ、アイ、ネイルなどのカラーとして使えば、シックで自信に満ちた趣を醸し出します。 グリーン系のメイクアップに根差した肌色補正のトレンドに乗って、ナチュラル・ビューティーな見え方のメイク下地としても効果的。 レッド系の補色であるグリーナリーには、肌の赤味を抑える効果も。

グリーナリーと食品・飲料
ホリスティックで調和的な生活が、植物の生命力とリンクして。 活力あふれるグリーナリーは、抹茶、海藻、アボカドの色、今日のヘルシー・フード・トレンドにぴったりの色。 拡大しつつある都市農業や室内垂直農法などでは、思いがけない場所にグリーナリーの色のエッセンスが見られます。 食卓の上では、グリーナリーの色の食器や充電器が、料理を彩りよく新鮮に見せて、食欲をそそる背景を演出します。 オーガニックで健康的なイメージから、接客業や料理業界などで多用される色でもあります。

グリーナリーとグラフィックデザイン
自然界にあふれる色であることから、本質的に人に良い効果をもたらす、オーガニックなどのイメージが定着しています。 人間が直感的に反応し、その視線を捉える色。 グラフィックデザインの多様な側面に対応する、理想的な色。 新鮮さや新しさと瞬時に結び付くことから、特にパッケージには最適の色と言えます。

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーについて
カラー・オブ・ザ・イヤーの選定はトレンド分析を基に慎重に行われます。パントン・カラー・インスティテュートのカラー・エキスパートは、色に影響する世界中の多彩な領域を綿密にチェックし、テーマカラーを毎年選定します。その領域とはエンターテイメント産業、フィルム業界、美術展示会、有望なアーティスト、ファッション、デザイン、人気高い観光地、新しいライフスタイル、社会経済などです。テクノロジー、基材、質感、色を影響する効果、ソーシャルメディア、さらには世界中で注目されるスポーツイベントなども検討します。パントンのカラー・オブ・ザ・イヤーはこの17年にわたり、ファッション、家具、業界デザイン、製品パッケージ、グラフィックデザインを含むあらゆる業界における製品開発と購入決定に影響を及ぼしてきました。

過去のカラー・オブ・ザ・イヤー:

・ PANTONE 15-3919セレニティとローズクォーツ(2016年)
・ PANTONE 18-1438 マルサラ(2015年)
・ PANTONE 18-3224 ラディアント・オーキッド(2014年)
・ PANTONE 17-5641 エメラルド(2013年)
・ PANTONE 17-1463 タンジェリン・タンゴ(2012年)
・ PANTONE 18-2120 ハニーサックル(2011年)
・ PANTONE 15-5519 ターコイズ(2010年)
・ PANTONE 14-0848 ミモザ(2009年)
・ PANTONE 18-3943 ブルーアイリス(2008年)
・ PANTONE 19-1557 チリペッパー(2007年)
・ PANTONE 13-1106 サンドダラー(2006年)
・ PANTONE 15-5217 ブルーターコイズ(2005年)
・ PANTONE 17-1456 タイガーリリー(2004年)
・ PANTONE 14-4811 アクアスカイ(2003年)
・ PANTONE 19-1664 トゥルーレッド(2002年)
・ PANTONE 17-2031 フクシャローズ(2001年)
・ PANTONE 15-4020 セルリアン(2000年)


パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー 2017の色は、ファッション、テキスタイル、ホーム、インテリア・デザインの分野でカラースタンダードとして幅広く利用されているパントン・ファッション、ホーム + インテリア・カラーシステムから選ばれています。

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー 2017の詳細はhttp://www.pantone.jp/color-of-the-year-2017でご確認いただけます。

パントン社およびパントン・カラー・インスティテュートについて
エックスライト社の子会社であるパントン社は、世界のカラーオーソリティーとしてデザイン業界のプロのためにカラースタンダードを提供しています。今日パントンの世界共通のカラー・ランゲージは、カラートレンド情報、カラーコミュニケーション、ありとあらゆる素材、テクスチャー、表面仕上げにおける一貫した色管理のために世界中で一億人のデザイン・プロフェッショナルに利用されています。パントン・カラー・インスティテュートは、色が人間の作用、感情、反応にどのように影響するかを研究し続けています。パントン社は専門家が色をより効果的に活用できるよう、色に関する理解を深めることに専念し、カラーのインスピレーションの源とし、デザイナー製品・サービスを消費者に提供しています。より詳しい情報は、www.pantone.comをご覧ください。パントン社の最新ニュース、トレンド、情報、コミュニケーシはPantoneの Facebook、 Twitter、 Pinterest、 Instagramでご確認ください。

エックスライト社について
エックスライト社は、アメリカのミシガン州グランドラピッズを本拠地とし、カラーサイエンスおよびテクノロジー分野において世界をリードする企業です。カラー業界のリーダーであるパントン社を所有するエックスライト社では、測定システム、ソフトウェア、カラースタンダード、サービスを通して、革新的なカラーソリューションの開発、製造、販売、サポートを行います。カラーのインスピレーション、選択、測定、調合、コミュニケーション、マッチングに対するエックスライト社の専門知識は、常に正確なカラーを実現し、品質の改善およびコストの削減を応援します。エックスライト社では、印刷、包装、写真、グラフィックデザイン、ビデオ、自動車、塗料、プラスチック、テキスタイル、歯科、医療など幅広い産業でカラーの専門知識で品質改善やコスト削減にご協力します。詳細はwww.xrite.co.jpをご覧ください。


PANTONE®…Make It Brilliant.
- # # # -

■本件に関するお問い合わせ先

エックスライト社
TEL:03-5579-6545
FAX:03-5579-6547
e-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。