積分球分光測色計とは

表面形状が不規則なもの、均一でないもの、内部素材の影響で反射が場所により均一でないサンプルなどに対して使用する分光測色計です。正反射光を含む(SPIN)、含まない(SPEX)両方の測定が可能です。測定器の内部に球体があり、均一な拡散光を照射して測定できます。
Ci6xシリーズ(ポータブル型)
校正サービス
保守サービス
カタログ
無料お試しサービス
特長
汎用性が高い積分球分光測色計のポータブルタイプです。エックスライトの積分球は化学的に不活性なスペクトラロンを採用し、均一な拡散光を長期間保持します。また、測定結果は液晶カラー表示で分かりやすい設計です。41種の測定値(色彩値含む)から必要な測定条件をお選びいただけます。Munsell(マンセル)ライブラリー対応。開発から品質保証まで幅広くお使いいただけます。また、オプションでNetProfiler(ネットプロファイラー)をお使いいただくことで、複数の拠点にある同測定器の精度を随時確認する仕組みを構築できます。常に高い精度を保持したい、社内で基準を統一したいお客様に最適です。
測定タイプ
d(拡散光)/8
測定モード
反射
Ci6x
詳細はこちら
Ci7860/Ci7800/Ci7600
(ベンチトップ型)
校正サービス
保守サービス
カタログ
無料お試しサービス
特長
汎用性が高い積分球分光測色計のベンチトップタイプです。エックスライトの積分球は化学的に不活性なスペクトラロンを採用し、均一な拡散光を長期間保持します。器差も非常に小さく繰り返し精度が高いフラッグシップ・モデルは開発部門や高い精度を求める品質保証部門でお使いいただけます。また、オプションでNetProfiler(ネットプロファイラー)をお使いいただくことで、複数の拠点にある同測定器の精度を随時確認する仕組みを構築できます。常に高い精度を保持したい、社内で基準を統一したいお客様に最適です。
測定タイプ
d(拡散光)/8
測定モード
反射/透過
Ci7860/7800/7600
詳細はこちら
お問い合わせ/見積もりの依頼 03-5579-6545