製品Q&A

361TでデータをPCに転送する方法
361T
361TをPCに接続するには別途ケーブルおよびコネクタをご購入いただく必要があります。
型番:361-83、品名:PC接続用ケーブル
型番:881-91、品名:PC接続用アダプタ
さらに市販の232-USB変換器が必要になります。(例えば:KeySpan USA 19H

【設定例】

<361Tでの初期設定>

  • RCI:ON
  • RTP:OFF
  • P5:OFF
  • BAUD:1200
  • HRD:OFF
  • DTP:ON
  • COMP:ON

これら設定を変更するには361T英語版マニュアルのページ5-1を参照してください

<361初期設定に対応するための232-USB設定(KeySpan)もしくはPCシリアルポート設定>

  • baud: 1200
  • Data Bit: 7
  • Parity:Sliace
  • Stoli:1
  • Flow: non

データ転送アプリケーションとしてはToolCrib5.0.14を利用します。
ToolCrib5.0.14はこのリンクからダウンロード可能です。
https://www.xrite.com/service-support/downloads/t/toolcrib_v5014

【ToolCribで361Tを使用する方法】

  • 1) ToolCribを起動します。

  • 2) Genericを使用します。

    012801
  • 3) RCIでポート番号を選択し、ボーレートを設定します。

    012802
  • 4)X-Keyを選択し、上からエクセルを立ち上げて測定すればセルにデータが転送されます。

    012803
お問い合わせ/見積もりの依頼 info@xrite.co.jp または 03-5579-6545