製品Q&A

マニュアルキャリブレーションの実施方法
eXact
eXactではキャリブレーションが必要な際には、キャリブレーションを要求するメッセージが表示され、処理を実施することが可能です。また、充電ステーション上に測定シューを開いた字状態でセットしておくことで、定期的にキャリブレーションが自動で実施されます。
しかし、精度が重要な測定では、測定前に強制的にキャリブレーションを実施したい場合もあります。このような場合にはマニュアルでキャリブレーションを実施することが可能です。

【マニュアルでのキャリブレーション実施方法】

  • 1)メインメニュー画面右上の設定アイコンをタップします。

    設定アイコン
  • 2)「診断」アイコンをタップします。

    「診断」
  • 3)画面左側中段のキャリブレーションアイコンをタップします。

    キャリブレーション
  • 4)画面をスライドしてキャリブレーションしたいMモードを選択します。

    *必要に応じてM切り替え用ダイアルを[0]もしくは[1]に切り替えてからキャリブレーションを実施してください。
    **ダイアルで選択されたMモードが主(左)画面になり、「キャリブレーションを開始ボタンが表示されます。

    左画面:M1-Part1用

    M1-Part1用

    M0/M1-Part2/M2/M3用

    M0/M1-Part2/M2/M3用
  • 5)それぞれの画面で「すぐにキャリブレーションを開始」をタップすることでキャリブレーションが実施されます。

    *測定したいMモード側のみをキャリブレーションするだけでも構いません。

お問い合わせ/見積もりの依頼 info@xrite.co.jp または 03-5579-6545