製品Q&A

白インキの印刷品質管理はどうするの?
eXact
パッケージフィルムへの印刷などでは、白インキを使用するケースが多くあります。
白色インキはコストが高く印刷面積も大ききなるため、インキの盛り過ぎには注意したいところですが、 少なすぎると印刷品質に問題が生じクレームの原因となります。
このため、白色インキの盛り量を正しく管理したいものですが、白色インキではインキの盛り量を管理するための濃度測定が利用できません。
濃度はインキが照明される光からどの程度光を吸収しているかを測定しているため、光を吸収しない白色インキの測定には利用できません。
白色インキの印刷管理には隠ぺい力測定を使用します。

eXactアドバンスを利用することで、フィルム上に印刷された白色インキの隠ぺい力を測定することが可能です。
隠ぺい力に測定では、黒をバッキングにしたオーバーブラック測定と白をバッキングにしたオーバーホワイト測定の2回の測定から隠ぺい力を求めます。
白インキの印刷品質管理

*本当は同じ白の場所をオーバーホワイトとオーバーブラックで測定します。

【隠ぺい力の測定方法】

  • 1)メインメニュー画面から「色材評価」をタップします。

    「色材評価」
  • 2)画面上の機能選択アイコンをタップします。

    機能選択アイコン
  • 3)「隠ぺい力」を選択します。

    「隠ぺい力」
  • 4)ブラックをバッキングとして白色インキ部を測定します。

    白色インキ部を測定
  • 5)ホワイトをバッキングとして白色インキ部の同じ場所を測定します。

    白色インキ部の同じ場所
  • 6)隠ぺい力が表示されます。

    隠ぺい力が表示

白インキの品質管理では、この値を一定にに保つように管理します。基準となる色インキの隠ぺい力を決めておき、その基準の隠ぺい力になるよう白インキの盛り量を管理することで適正量の白インキで効果的な品質を提供することができるようになります。

バッキングに使用するブラックバッキングおよびホワイトバッキングは安定的なものであれば特に指定はありませんが、一般的には隠ぺい力試験紙を利用します。
世界的にはLENETA社(http://www.leneta.com/)のLENETAカードが良く利用されています。

お問い合わせ/見積もりの依頼 info@xrite.co.jp または 03-5579-6545