製品Q&A

DataCatcherの基本的な使用方法
eXact
DataCatcherはeXactで測定したデータをエクセルなどのアプリケーションに自動転送するためのユーティリティーソフトです。
ここではDataCatcherの基本的な操作方法を説明します。

【DataCatcherの基本的な操作方法】

  • 1)DataCatcherを起動します。

  • 2)設定アイコンをクリックします。

    設定アイコン
  • 3)装置/接続からUSBもしくはBluetoothで接続されているeXactを選択します。

    eXactを選択
  • 4)「OK」をクリックして設定を閉じます。

    「OK」をクリック
  • 5)「接続」をクリックして機器と接続します。

    機器と接続
  • 6)機器との接続が確立されると表示が「接続解除」に変わります。
    「オプション」をクリックし、オプション画面を開きます。

    オプション画面
  • 7)測定条件からデータを転送したいMモードを選択します。

    複数のMモードを選択して 同時に転送することも可能です。
    (Mモードについては「FAQ:測定のMって何」を参照してください。)

    012106
  • 8)左の「使用可能な機能」リストから転送したいデータのタイプを選択し、
    「>」ボタンをクリックし、右の「選択された機能」へ移動させます。

    選択された機能
  • 「選択された機能」リストに表示されている項目がエクセルへ転送されます。

    エクセルへ転送
  • 9)(8)を繰り返して複数の項目を「選択された機能」リストに移動して、同時に転送することも可能です。

    同時に転送することも可能
  • 10)転送されるデータの区切りとしてセパレータを選択します。

    セパレータを選択

    値のセパレータ:それぞれの測定値間の区切りに使用される処理(セパレータ)を選択します。
    例:L*| a*| b*

    使用可能なセパレータ:リターン、タブ、ライト、ダウン

    機能のセパレータ:機能や測定条件の間に使用される処理(セパレータ)を選択します。
    例:濃度 | CIE L*a*b* | またはM0 | M2

    使用可能なセパレータ:リターン、タブ、右、下、m*レフト、m*レフト+ダウン、m*アップ、m*アップ+ダウン

    ブロックのセパレータ:選択データが全て転送された後に適用される処理(セパレータ)を選択します。

    使用可能なセパレータ: リターン、タブ、右、下、n*レフト、n*レフト+ダウン、n*アップ、n*アップ+ライト
    (mやnは前の処理で移動した回数を表します)

    セパレータの選択は、いろいろ試して適切なセルに値が入りるよう調整してください。 一般的な処理としては上のサンプルのように

    値のセパレータ<タブ>:機能のセパレータ<タブ>:ブロックのセパレータ<n*レフト+ダウン>
    もしくは
    値のセパレータ<タブ>:機能のセパレータ<m*レフト+ダウン>:ブロックのセパレータ<n*レフト+ダウン> などが良く利用されます。

  • 11)値に対するラベル付けやデータ転送時のビープ音を出すには、データラベルやサウンドの□にチェックを入れます。

    (数値のみを転送する場合はデータラベルのチェックを外します)

    チェックを入れます
  • 12)機器に表示されている値を転送する場合、「現在の機能専用:」の□にチェックを入れます。

    現在測定器の画面に表示されている値が転送されます。
    この機能を使用すると、「選択された機能」リストに表示されているデータは転送されなくなります。

    選択された機能

    (この機能はDataCatcherバージョン1.3から追加された機能です。)

  • 14)「OK」をクリックしてオプション画面を閉じます。

    「OK」をクリック
  • 15)メイン画面はそのままの閉じないで、上からエクセルなどをアプリケーションを起動します。

    アプリケーションを起動
  • 16)eXactで測定を実施すると、データがセルへ転送されます。

    セルへ転送

    注意:タスクバーに表示される文字変換モジュールは半角英数字の(A)にしておいてください。
    全角にすると正しいセルに転送されなくなります。

    【その他の注意事項】

    最新バージョンのDataCatcherを使用する際にはeXactのファームウエアバージョンも 最新版にアップデートしてご利用ください。
    最新版のDataCatcherを古いファームウエアの組み合わせではデータが転送されません。

お問い合わせ/見積もりの依頼 info@xrite.co.jp または 03-5579-6545