製品Q&A

eXactの測定条件設定でM1を選択できない
eXact
ファームウエアバージョンを4.0以上ではM選択のダイアル位置が「0」のポジションでもM1(パート2)による測定が可能です。
012501
ただし、この機能を使用するにはメーカーでの精度確認が必要になります。
シリアル番号が029849以前のeXactの場合、機器を一度メーカー再校正にお出しいただきM1パート2を有効化する必要があります。
再校正実施後にM選択のダイアル位置が「0」ポジションでもM1(パート2)での測定が可能になります。
またアドバンスモデルでは同時に増白インデックスΔb*の測定も可能になります。
シリアル番号が029850以降のeXactでは精度確認の実施後に出荷されているため、はじめからM1パート2をご利用いただけます。
お問い合わせ/見積もりの依頼 info@xrite.co.jp または 03-5579-6545