製品登録はお済みですか? ご登録はこちら



ΔE2000色差式のKL, KC, KHの意味

eXact

色差式(ΔE方式)としてΔE2000(ΔE00)を選択すると下図のように
kL,kC,kHの各係数を指定するように求められます。
  • eXact Manager

    このkL, kC, kHは明度ΔL*、彩度ΔC*、色相ΔH*の各影響度を割り引くために導入されている係数で、アプリケーションに依存してユーザーが変更できるようになっています。

    係数

    係数を大きくとればΔE00への影響度を小さくすることができます。
    例えば、明度差の影響を他の彩度や色相に比べて小さくしたい場合はkL=2に設定したりします。

    印刷やグラフィクスの場合、慣習的にkL:kC:kH=1:1:1で設定することが一般的です。
    視覚とのマッチングを取るために経験的に変更することも可能ですが、
    他の関係者とのコミュニケーションを考える場合、業界標準の値を使用することをお勧めします。

お問い合わせ/見積もりの依頼 03-6374-8734