製品登録はお済みですか? ご登録はこちら



ジョブテンプレートを使ったプロセスの濃度管理(ベーシック+モデルも可能)

eXact

ベーシック+以上のモデルをご使用の場合、ジョブテンプレートを使用して簡単にプロセスCMYK濃度の確認が可能です。

eXactベーシック+(ファームウエア4.0.8068)
スタンダード、アドバンスでも可能

ジョブテンプレートは複数作成して運用することが可能です。
用紙タイプごと、クライアントごとに作成して利用してみてください。

【ジョブテンプレートの作成】

  • 1)オールビューから「ジョブ」アイコンをタップ

    「ジョブ」アイコン
  • 2)オールビューから「ジョブ」アイコンをタップ

    ジョブテンプレートを選択
  • 3)「新規ジョブテンプレートを作成」をタップ

    新規ジョブテンプレートを作成
  • 4)ジョブテンプレートの名前を入力して「OK」をタップ

    (日本語入力が必要の場合はeXact Managerでジョブテンプレートを作成してください。)

    ジョブテンプレートの名前
  • 5)設定アイコンをタップします。

    設定アイコン
  • 6)測定条件、濃度ステータス、濃度白色基準を使用するモードに設定します。

    濃度白色基準を使用
  • 7)「アミ点パッチ」をタップします。

    アミ点パッチ
  • 8)濃度のみをチェックする場合、パッチ1~3すべてをOFFに設定します。

    「戻る(←)」をタップして設定画に戻ります。

    パッチ1~3すべてをOFF パッチ1~3すべてをOFF
  • 9)「グレーバランスパッチ%」をタップします。

    グレーバランスパッチ%
  • 10)濃度のみをチェックする場合、パッチ1~3すべてをOFFに設定します。

    「戻る(←)」をタップして設定画に戻ります。

    パッチ1~3すべてをOFF パッチ1~3すべてをOFF
  • 11)「既定許容値」をタップします。

    既定許容値
  • 12)許容値タイプの「なし」をタップします。

    許容値タイプ「なし」
  • 13)許容値タイプとして「Δ濃度」を選択します。

    「Δ濃度」を選択
  • 14)濃度の許容範囲を設定します。(ここでは0.05として設定)

    「戻る(←)」をタップしてじょぶてんぷれーとせんたく用紙測定画面まで戻ります。

    濃度の許容範囲
  • 15)基準シートの用紙を測定します。

    (基準シートはジョブの代表的なシートを使用しいてください。マニュアルで基準濃度を入力する場合、特にフィンガープリントである必要はありません。)

    基準シートの用紙
  • 16)続いてプロセスベタを測定します。(順番はどのインクからでもOKです)

    ここではシアンから測定します。測定した色をタップします。

    プロセスベタを測定
  • 17)「マニュアル入力」をタップします。

    グレーバランスパッチ%
  • 18)シアンの基準濃度をタップします。(ここでは1.8)

    シアンの基準濃度

    「戻る(←)」をタップします。

  • 19)許容範囲アイコンをタップします。

    許容範囲
  • 20)許容範囲タイプおよび許容範囲が先に設定した「Δ濃度」、「0.05」になっていることを確認します。

    先に設定した「Δ濃度」

    「戻る(←)」をタップして測定画面まで戻ります。

  • 21)他のプロセス濃度を測定して(16)~(20)を繰り返します。

    (16)~(20)を繰り返す (16)~(20)を繰り返す

    「戻る(←)」をタップしてジョブテンプレート選択画面まで戻ります。

【ジョブテンプレートの使用】

  • 1)作成したジョブテンプレートを選択します。

    ジョブテンプレート
  • 2)用紙を測定します。

    用紙を測定
  • 3)続けてプロセスCMYKベタを測定します。(順番はどのインクからでもOKです。)

    測定濃度、基準濃度からの濃度差、合否判定が表示されます。

    CMYKベタを測定 CMYKベタを測定 CMYKベタを測定 CMYKベタを測定
お問い合わせ/見積もりの依頼 03-6374-8734