標準光源装置/ライティングブースについて

色の見え方は環境光に影響を受けます。サンプルを目視で検証・検査する際の標準光源として、光源環境を複数の場所で統一することが可能です。最上位機種のSpectraLight QCは複数の昼光、蛍光灯、日没光、白熱灯を切り替えて使用することが可能です。
SpectraLight QC(スペクトラ・ライト QC)
カタログ
特長
色を評価する部門で標準光源としてお使いいただけます。
昼光(D50もしくは65)、蛍光灯、白熱光、日没光、紫外線の5種類の光源で評価可能です。
SPLQC
詳細はこちら
Judge QC (ジャッジ QC)
(標準光源ブース)
カタログ
特長
色を評価する部門で標準光源としてお使いいただけます。昼光(D50もしくは65)、蛍光灯、白熱光、日没光、紫外線の5種類の光源で評価可能です。デュアルモデルなら、D50とD65どちらも装備することが可能です。
JudgeQC
詳細はこちら
Pantone3 (パントーン3)
カタログ
特長
色を評価する部門で標準光源としてお使いいただけます。D50かD60専用光源装置で、印刷及び工業用途に対応。3種類の光源で評価可能です。
Pantone3
詳細はこちら
ハーモニールーム
特長
カスタム設定されたハーモニールームは、SpectraLight または Examolite 照明装置が天井または壁全体に設置された、評価を行う仮想ルームです。 組み立て製品の最終カラーを評価する際に適しています。
ハーモニールーム
詳細はこちら
お問い合わせ/見積もりの依頼 03-5579-6545