ColorKnowledge Blog

ce
ce

最新記事

4200
 

伝統的に、調色ソフトウェアは、使用する数学ロジックが色産業の完全なニーズに十分に対処できない理論に基づいていました。それらのソフトウエアの目的は、これらのニーズに対処し、初心者だけでなく、経験豊富なカラリストのための貴重なツールとなるソリューションを提供することです。

続きを読む...

4000
 

今回はクベルカ。ムンクの計算式を使用し、濁りの無い透明色材における調色計算の考え方である一定数法を説明します。

続きを読む...

3900
 

前回はクベルカ・ムンク式の計算の導出について説明しましたが、今回は、その式を利用した不透明塗膜の調色定理について説明します。

続きを読む...

3800
 

今回はCCM調色計算で最も基本とされているクベルカ・ムンク理論について、その導出の基本理論を追いかけてみます。

続きを読む...

3700
 

CCM Computuer Color Matchは、従来、調色技師が経験をもとに目標色に対しておこなっていた調色配合作業を、目標色を測色計で測定することで、着色剤の配合をコンピュータの計算モデルを基に、どの着色剤をどの配合比率でミックスすれば目標色を精度よく作成できるかを予測・ガイドするシステムです。

続きを読む...

3600
 

生産する製品の色彩管理を行う場合、基準色に対する色差による数値での合否判定を実施します。
この合否判定を行うための閾値となるのが色差許容値です。

続きを読む...

3500
 

電飾サイン用透過プロファイルの作成の流れと具体的な作業のステップを紹介します。

続きを読む...

PANTONEカラー指定色の品質管理方法
 

eXact(スタンダード/アドバンス)に搭載されてるライブラリ機能を使用して PANTONEの色番号で指定された色が正しくプリントされているかを簡単にチェックできます。

続きを読む...

3300
 

積分球測色計で光沢を測定ができる!

続きを読む...

twitter facebook

お問い合わせ/見積もりの依頼 info@xrite.co.jp または 03-6374-8734