製品登録はお済みですか? ご登録はこちら

カラーコミュニケーションガイド

概要

ビジネスの成功につながる製品色
皆様の事業にとって「製品の色」は重要でしょうか?それが正しい色であるかどうかは重要ですか?お客様の目を引く商品を店頭に並べていますか? それはお客様が自信を持って購入できる商品ですか?ブランドのイメージは即座に認識されていますか?

正確な色の商品は売り上げに影響します。調査によると、消費者の 7 割が、商品を購入する際パッケージの色を考慮することが分かっています。 また変色したパッケージの商品は素通りすると報告されています。

本書は色のノウハウを紹介するガイドです。アートやカラーサイエンスの初心者・上級者を問わず、正確な製品の色を確保し、ブランドイメージを維持、また購買意思決定の瞬間を左右する情報を提供します。
色の基礎知識、色を測定/管理/コミュニケーション/出力する最善の方法、さらには極めて複雑なワークフローやサプライチェーンにおいても一貫かつ安定した色を確保する方法をご紹介します。
最新型の測色装置およびソフトウェアは、仕様を満たし、許容値範囲内に収まる色を確保します。本ガイドをぜひご活用ください。

目次

  • カラーコミュニケーション
  • カラーサイエンス
  • カラー測定のスケール
  • 数値によるカラー表示
  • CIELCH(L*C*h°)
  • 色差、表記法、許容色差
  • ΔCIELAB および CIELCH
  • CIE 色空間の表記法
  • その他のカラー表記
  • 蛍光増白剤
  • 色番号で測色
  • 45°/0°分光測色計
  • 積分球分光測色計
  • 多角度分光測色計
  • 用途
  • 購買意思決定の瞬間
  • 用語集

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

分光測色計の選択:金属印刷(メタルデコ)

概要

パッケージ印刷では、差別化を図ることが重要です。特に、店頭における商品力のアピールと、ブランドイメージの構築のために不可欠な戦略となっています。活気と興味をそそる製品が、競争市場で優位な立場に立つことができるよう、ブランドオーナーはユニークな印刷技術や表面仕上げを積極的に使用します。 金属や鏡面を素材とした印刷が多いのはそのためです。これは、商品のブランドの認識に効果的な方法です。一方、これにより、パッケージ印刷に特有の問題が発生します。

目次

  • はじめに
  • 積分球 vs 45/0:その違いは?
  • 専門用語
  • 45/0 分光測色計:活用例
  • 積分球分光測色計:活用例
  • メタリックインク
  • 装置の選択
  • 製品紹介ページ

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

色覚の基礎

概要

多くの業界では、カラーワークフローに分光測色計を導入し、忠実なデータに基づいたカラーマネージメントを確立することが重要であると認識されています。一方、目視評価も、デザインから開発、調色、生産、品質管理に至るまで現在も活用されています。

本白書では、人によって色覚が異なる例を紹介しています。また、プラスチック、テキスタイル、塗料&塗装、自動車などの業界で目視評価を効果的に行い、色品質を確保し、無駄/やり直し作業/サイクルタイムを削減する方法を紹介しています。

目次

  • ビジネスの成功につながる製品色
  • カラーインスピレーション
  • 色覚に影響を及ぼす要素
  • 各タイプの照明
  • 「白」をより白く見せる効果
  • 正確な色を迅速に確保、そして維持するには

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

見えない要素を測定:蛍光増白剤の管理

概要

「白」をより白く見せる効果

「白」をより白く見せるために、多くの基材に蛍光増白剤を使用するケースが増えています。蛍光増白剤は製品をさらに明るい白に見せることができ、時間の経過と共に黄色っぽく見えやすい白色の製品を補正します。
蛍光増白剤は製品色をより明るく見せますが、本来の色を変えるため、正確に測定することが非常に難しくなっています。
明るく白い外観は製品の売り上げを伸ばすと同時に、生産工程全体に一貫性を維持することは可能でしょうか?

目次

  • 蛍光増白剤
  • 製紙業が直面する課題
  • 生産工程に一貫性を実現

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

フレキソパッケージ印刷コンバーター向け基礎ガイド|カラープロセス コントロール

概要

印刷機の最も重要な要素は「稼働時間」です。

印刷機の稼働時間が増えれば増えるほど、より多くの仕事を受け入れることができます。また、それぞれの仕事の割り当て時間を効率よく短縮することで、クライアントが承認する製品をより早く市場に投入することができます。 作業の効率化は、印刷機の稼働時間を増やし、メイクレディ時間を短縮。納期やクライアントとの迅速な対応が可能になります。デジタル管理されたワークフローは作業時間を削減するだけでなく、基材やインキの無駄を排除し、やり直し作業を低減。全体的な労働生産性を向上します。
テクノロジーの使用を展開することで、市場動向に適合し、旧式のカラーマネージメントを行う競合他社に打ち勝つことができます。また、生産工程をより深く、より統合的に管理することで、常に一貫した高品質な色を確保することができます。
調色値、ジョブ、色を保存することは、独自のデジタルカラーライブラリーの開発をサポートし、迅速な作業をサポートします。

本ホワイトペーパー(83ページ)では、印刷業界向けのカラーコントロールのガイドです。パッケージ業界の動向をはじめ、なぜ一貫した色が大切なのか、色彩成熟度モデルの紹介や利益の出ない作業の原因の説明、導入を成功に導くためのポイント、事業計画の構築等、様々な要素を分析し、最適なソリューションズを紹介します。印刷業界の成功のユーザー事例も掲載しますので、ご参照ください。

目次

  • 常に正確で一貫した色の重要性
    • パッケージ業界の動向
  • なぜ大切なのでしょうか?
    • 市場動向に適合
    • コストを削減し、生産性・作業能力を向上するには?
    • お客様にもたらすメリット
    • エックスライト社のサポート
  • 色彩成熟度モデル
    • カラーマネージメントの成熟度スケール上の位置
    • スケールアップの重要性
    • グレードアップのソリューション
  • 知識の収集
    • 事前準備は終了していますか?
    • 利益の出ない作業の原因を突き止めるには
  • 導入を成功に導くために
    • 導入時の成功のポイント
    • 弊社が提供する各種トレーニング
  • 事業計画の構築
    • 投資対効果の説明
    • 事業のニーズと目標
    • 最適なエックスライト ソリューション
    • 投資対効果の計算
  • ユーザー事例
    • オルティメイト・パッケージング社
    • コバリス社
    • 複数の工場を持つフレキソ印刷パッケージング・コンバーター

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

how-much-your-brand-cost

概要

新色は高い。デジタルカラーでコストを抑える

色がもたらすコストへの影響を最小化する方法をご存知ですか︖パッケージデザインのプロセスを加速し、カラーのインパクトを最大限に高める方法をご存知ですか︖ブランドがコストの削減に熱心な時代にあって、色が毎年どれだけのコストをかけているかを評価する時が来ています。

目次

  • 新色は高い。デジタルカラーでコストを抑える
  • デザインの意図は必ずしもデザインの現実ではない
  • あるブランドの成功例
  • 色の再利用性を高める
  • 実現可能な色でデザインする

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

なぜ昼光が必要なのでしょうか?メタメリズムが無視していませんか?

概要

メタメリズムの評価、原因、防ぐ方法をご説明

メタメリズムは、物体の分光反射または透過曲線がそれぞれ異なる場合に発生します。メタメリズムを引き起こす原因と種類、防ぐ方法を徹底的にご解説します。

目次

  • はじめに
  • メタメリズムが犠牲になっていませんか?
  • メタメリズムを引き起こす原因とは?
  • その他のメタメリズム
  • メタメリズムを防ぐ方法は
  • 管理された照明はどのような効果をもたらしますか

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

PantoneLIVEを用いたブランドカラーマネージメントの実現

概要

サプライチェーン全体で正確で統一された特色のカラーマネージメントを行う方法をご紹介

近年,カラーの測定やモニタリング、管理、そして最も重要なカラーコミュニケーションのためのツールやテクニック、テクノロジーが大きく発展しています。

ブランド色の印刷にかかわるブランドオーナー、デザイナー、プリメディア、印刷・コンバーターなどの関係者は、このような最新技術を取り込むことで、正確で統一された特色のカラーマネージメントをサプライチェーン全体にわたって確保することができるようになっています。

目次

  • 製品ファミリーで統一されたブランド色
  • はじめに
  • 成功の鍵となる「標準化」
  • 色の合理化と PantoneTM カラーへのマッピング
  • 作業はこれで終わりません。
  • 革新的なカラー精度

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

証明が色の判断にもたらす影響

概要

業界トップクラスのテクノロジーを採用したSpectraLightQCは、
フィルター処理されたタングステン・ハロゲンランプを使用し、昼光を再現可能な、市場で唯一の照明装置です

色や色差の適切なビジュアル評価が品質管理の一部になっていないケースがよくあります。そのため、店内や家庭の様々な照明下において、同じ製品の色がどのように見えるかをサプライチェーン全体を通して視覚的に評価する必要があります。

標準光源装置を利用することにより欠陥品や作業のやり直しを排除することができ、顧客満足度と商品力のアピールが高まります。

目次

  • 「照明」を解説
  • 昼光再現の実態
  • 各タイプの照明
  • 「色」は重要ですか?

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

積分球、45:0、多角度の分光測色計を正しく選択する方法をご紹介:産業用途例

概要

生産時の一貫した色でブランド製品のインパクトと価値が上がります。
サプライチェーンの全関係者が、製品に適した測色ツールを正しく選択できるようサポートします

鏡面、メタリック、パールや変化のある表面など、不揃いに拡散する反射表面を一貫して測定することは困難です。 
一方、測定の選択肢を把握すれば、最適なソリューションを選択し、サプライチェーン全体において正確で一貫した色を確保できるようになります。本書では使用目的に合わせて、積分球、45:0、多角度の分光測色計を正しく選択する方法を紹介しています。

目次

  • はじめに
  • 積分球/45:0/多角度(MA):その違いは?
  • 専門用語
    • 45:0 分光測色計
    • 積分球(または分散/8°)分光測色計
    • MA 分光測色計
  • 45:0 分光測色計の活用例
  • 積分球分光測色計の活用例
  • MA 分光測色計:活用例
  • 装置の選択

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

適切に管理されたインキ調色と印刷工程において、PantoneLIVEで定義された従属スタンダードのカラーターゲットが、許容範囲内で実現できることを証明する研究

概要

適切に管理されたインキ調色と印刷工程において、
PantoneLIVEで定義された従属スタンダードのカラーターゲットが、許容範囲内で実現できることを証明する研究

階調データはこれらのライブラリーの重要な機能で、スポットカラーのアミ点値をソフトプルーフやデジタルコントラストプルーフに再現する際に使用します。さらに、階調データは印刷工程におけるアミ点再現の評価・管理を可能にします。これはPantoneLIVEの階調データが、デザイン作成から最終印刷において、本来の色を忠実に再現するための設定と評価を行うことができることを意味します。

目次

  • はじめに
    • 研究目的
    • 研究範囲
  • PantoneLIVE スタンダード
    • マスタースタンダード
    • 従属スタンダード
  • 検証アプローチ
  • アミ点評価
  • 結果のまとめ
  • おわりに

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

リーンなカラーマネジメント:パッケージ コンバーターの効果的なリーン生産方式の実現に色が果たす役割

概要

蛍光増白剤を含む用紙の管理およびカラーコミュニケーションに役立つISOに定義された規格「M」

Mファクターは変化するマーケットの動向に対応した測色機の照明条件の新たに設定された規格です。

印刷標準の数値に対して印刷,または顧客に要求された数値で印刷する際は,元の値を正しく把握することが重要です。濃度値は照明条件にあまり影響されませんが,用紙やベタインキ以外の色を測定する際には差が発生することがあります。

ISOによる新しい規格「M」を利用することでその色の測定値とD50常用光源照明下での「見え」の相関が取れるため,カラーマネージメントによるコントロールが正しく機能することになります。

目次

  • 蛍光増白剤が使用された用紙のカラーマネージメント
  • ISOによる新しい規格「M」
  • 測定照明条件
    • M0:CIEイルミナントAの照明条件
    • M1:CIEイルミナントD50にマッチする照明条件
    • M2:UV除去(UVカット,UVなし,UVフィルター)の照明条件
    • M3:偏光フィルタの照明条件
    • M0,M1,M2,M3のアプリケーションと使用
  • 最後に

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

X-Riteの技術資料・ホワイトペーパー一覧ページです。

弊社の用意している技術資料・ホワイトペーパーでは、単に商品やサービス概要を紹介するものではなく、 色に関する基礎知識や現場の色測定管理の応用知識、生産ラインに効率的に製造できるコツ等、色測定に関するノウハウを全て提供させて頂きます。 お客様の日常仕事に役に立てれば幸いです。

ご不明点等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

X-Riteの取り扱い商品一覧へ

製造工程にデジタルカラーワークフローを導入するための4つの秘訣

概要

デジタルカラーワークフローを導入することで、色の一貫性の向上、市場投入までの時間短縮、コストの抑制等を実現できます

デジタルコマースが増大し続ける中で、ブランド企業が競争上の優位を獲得し、また維持するには、革新を加速することが求められます。ブランドの視覚的なエクイティ(資産価値)を維持していくうえでは、イノベーションの存在が不可欠です。

合理的なコスト構造を維持しながら、新製品と新たなアイデアによって市場投入までの時間を短縮するには、ブランド企業も製造業者も、最先端のツールを活用してデザインから製造までのプロセスを効率化しなければなりません。その際に重要になるのが、色の一貫性を念頭に置くことです。

色の一貫性がなければ、ブランドイメージに悪影響を及ぼしかねません。色が褪せて見えれば、消費者はその商品が傷んでいるか古くなっていると考え、手に取ることはないでしょう。そして競合商品の色が魅力的であれば、そちらを購入するかもしれません。

目次

  • デジタル時代にあって一貫性のある色を確保する
  • デジタルカラースタンダードの導入
  • 物理的スタンダードに過度に依存した製造工程の問題
  • 次のステップ
  • デジタルカラーワークフローを導入するための4つの秘訣
    • 秘訣1: カラースタンダードの定義とデジタル化
    • 秘訣2: 効果的な伝達
    • 秘訣3: 標準化とコンプライアンス
    • 秘訣4: フィードバックの取得と成果物の監視
  • デジタルカラースタンダードで未来を拓く

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

製造工程にデジタルカラーワークフローを導入するための4つの秘訣

概要

ブランドマネージャー向け パッケージのカラーガイド

製品のパッケージイメージは消費者が商品選択する際に大きく影響されるものであるだけでなく、ブランドそのもののイメージ形成にも関与します。 本ガイド(32ページ)では、消費財や電機メーカーのブランド担当者がパッケージの色をどのようにサプライヤーとコミュニケーションし、ブランド資産として管理していくかのヒントとなる内容をステップ別にご紹介しています。

目次

  • 第1章:カラーで成功するための考え方
  • 第2章:数値管理による色彩戦略へ
  • 第3章:曖昧さをなくす
  • 第4章:データ管理の色彩印刷品質プログラム
  • 第5章:成功するプログラムを策定

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

リーンなカラーマネジメント:パッケージ コンバーターの効果的なリーン生産方式の実現に色が果たす役割

概要

リーン方式で色の正確性と印刷の一貫性の確保、プロセス管理の効率化を実現

ブランド企業が求めているのは、消費者のニーズの変化や規制の変更、あるいはその他の要因によるパッケージの変更に迅速に対応することだけではありません。こうした変化・変更に伴ってSKUの増加が見られるほか、地域、季節、イベントなど、さまざまな条件に応じて製品をカスタマイズする必要に迫られています。

その結果、ロットサイズがますます小さくなる中で、迅速なターンアラウンドを確保することが求められます。しかもそれを、長期の運用を高いコスト効率で処理するように設計された製造環境で実現しなければなりません。

今や、ラベルやパッケージのコンバーターは、製造に関わるすべてのプロセスをこれまで以上に徹底的に検証して、付加価値が見込めない無駄やな手作業などを製造プロセスから完全に排除しなければなりません。これが、高い品質と生産性を維持しながら、製造システムの無駄を最小限に抑えるための体系的な方法、リーン生産方式の本質です。

※リーン生産方式贅肉のとれたムダの無い生産方式

目次

  • リーン方式でも色の正確性を確保する
  • リーン生産方式に対応した、色に関連するツール、ヒント、手法
  • バリューストリームマッピング
  • 物理世界とバーチャル世界のバランス
  • 目視評価手法の改善
  • プロセス管理の重要性
  • リーンなカラーマネジメントのために

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

ブランドカラーの一貫性を保つための5つの秘訣:パッケージ作成の新しい世界へ

概要

パッケージ作成の新しい世界へ

今日のパッケージでは、ラベルやカートンのデザインにとどまるものではありません。プラスチック、金属、ガラス板紙、段ボールなど、さまざまな被印刷体を使用することで、商品の差別化を図り、ブランドアイデンティティを伝達し、消費者の関心を引こうとします。

しかし、各種の被印刷体と印刷技術を組み合わせて適切な色を作り出すこと、特に色の一貫性を確保することは、ブランドオーナーにとって容易ではありません。同じ印刷技術とインクを使用したとしても、その結果はプラントによって、さらにはプラント内のシフトによっても異なります。

この問題に対して、デジタルスタンダードを利用することで、正確な色を効果的に伝達することが可能です。スタンダードはブランドオーナーが定義できます。デジタルスタンダードを用いることで、物理的スタンダードへの依存に伴う変動性が解消され、主観的な色評価を行ってしまう可能性が低減します。 ブランドカラーの最適化と統合を行い、それをデジタル化して、パッケージサプライチェーンに関わる全員で共有できるようになります。

目次

  • ブランドカラーの一貫性の問題
    • さまざまな被印刷体に印刷する必要性
    • 印刷プロセスによるインクの違い
    • 要件を満たすために複数のサプライヤーを管理する必要があること
    • 色を指定する共通言語を導入する
    • 物理的カラースタンダードとデジタルカラースタンダードのバランスを取る
  • ブランドカラーの一貫性の問題を解決: デジタルスタンダードの導入
  • ブランドカラーの一貫性を保つための5つの秘訣
    • 秘訣1: カラースタンダードの定義とデジタル化
    • 秘訣2: 色を正確に設定して実現可能性を確保する
    • 秘訣3: 効果的な伝達
    • 秘訣4: 標準化とコンプライアンス
    • 秘訣5: フィードバックの取得と成果物の監視

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

自然光に関する誤解を解く:技術概要

概要

色評価に際して知っておくべき自然光シミュレーションに関する4つの通念と誤解

自然光の問題は、その見かけと分光特性が、日や季節によって、さらには1日の中でも劇的に変わることにあります。大気の条件、季節の変化、時刻、大気汚染、高度、さらには現在地、これらすべての要因が製品のカラー品質の正確な評価に影響し、それによって自然光のシミュレーションの必要性が変わります。

目次

自然光シミュレーションについてよく見られる4つの誤った通念

  • 誤った通念#1: 自然光シミュレーターはどれも同じである誤り
  • 誤った通念#2: 光源がD65である限り、それは優れた自然光シミュレーターである
  • 誤った通念#3: 自然光シミュレーターの質を判定する最良の方法はCRIである
  • 誤った通念#4: 蛍光灯の性能が向上しているため、フィルタを使用するタングステンハロゲン技術と同等の効果が低価格で得られる

詳細はホワイトペーパーをダウンロードしご覧いただくか、エックスライト社(X-Rite社)にお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求の手順は以下のURLよりご参照ください。
https://www.xrite.co.jp/images/PDF/online-shop-download-step.pdf

お問い合わせ/見積もりの依頼 03-6374-8734