前回の「色差について」で説明したように、L*a*b*の色空間は小さな色差(ΔEで5以下程度)での判断が必要な用途では、人間の視覚判断との相関が良くありません。
 
たとえば、人は無彩色の違いに対しては非常に敏感ですが、彩度の高い色に対しては無彩色ほどには敏感ではありません。
 
 
彩度の高い色に対しては無彩色ほどには敏感ではない
 
上の例のように、無彩色ではΔE76で1.5と小さな色差になっていても視覚的には大きな色の違いに見えたり、鮮やかなグリーンではΔE76で3.5程度の色差があっても視覚的にはそれほど大きな違いに見えなかったりします。
 
このような問題は、人間の色差に対する視感における色の弁別閾、小さな色の違いが認識できる範囲を色度図上にプロットすると図44のような大きさの異なる楕円形になるために生じています。
 
 
視覚の色弁別域のxy色度図上へのプロット
 
図44 視覚の色弁別域のxy色度図上へのプロット
 

このような小さな色の差における、数値による色差判断と視覚による色差の判断の相関性の問題が色の数値管理上の問題になっていました。 つまり、測定による色差の値を元に出荷判断がし難いため、ビジュアル判定に頼らざるを得ないと言う状況が生じてしました。

 

この問題を解決するには2つのアプローチの方法があります。

 
● 1つは、L*a*b*の色空間を人間の視覚にマッチするよう改めてしまう
● もう1つは、ΔEが視感とマッチするような色差を補正する仕組みを開発する
 
という2つの方法が考えられますが、現在では2つ目のより視覚に相関のとれた色差式の開発が中心に行われています。
 
最初の色差式の調整は1974年Roderick McDnaldによって開発されました。
当時の補正式は極めて簡単で
 
色差式の調整用補正式
 
のような式でした。
クロマC(彩度)が大きくなるほど色差の値が大きく割り引かれることなるため、彩度の高い色でΔEが小さくなるよう調整されることになります。
その後、さまざまなサンプルを用いた視覚テストとの相関性を改善するための色差式が色々と考案されてきました。
 
現在ではCIEが2000年に開発したΔE2000が最も一般的に使用されています。
ΔE2000はCIELabが持つ視覚上の不均等性を補正するために明度、彩度、色相の各値に対応させた補正のための係数を導入しています。
 
おおざっぱに言うと下のような式になります。
 
ΔE2000
 
SL、SC、SHがL、C、Hの各ポジションによる補正係数です。
ここでは詳しく示しませんが、興味のある方は色んな文献で紹介されていますので調べてみてください。
少々ややこしい式ですが、簡単に言うと図45のように彩度に関しては無彩色で厳しく彩度の高い色で寛容な、色相で言うとオレンジ方向で厳しくグリーン方向で寛容になるように係数が調整されています。
 
 
a*b*色度図上のΔE00の許容弁別閾の楕円
 
図45 a*b*色度図上のΔE00の許容弁別閾の楕円閾
 
kL、kC、kHはリファレンスの観察条件から異なる観察条件での視感との相関を取るためのパラメータで、標準観察条件を使用する場合は通常1:1:1を使用します。
 

ちなみにリファレンスの観察条件はCIE116で下記のように定義されています。

 
○ 照明:D65シミュレーション
○ 照度:1000 lx
○ 周辺色:L* = 50 の無彩色グレー
○ サンプルサイズ:錐体の立体角4°以上
○ サンプル色と基準色:エッジコンタクト
○ 色差範囲:0~5 ΔE76
 
現在では多くのブランドオーナーがこのΔE2000を使用した許容範囲で仕事を発注するようになってきています。

twitter facebook

お問い合わせ/見積もりの依頼 info@xrite.co.jp または03-5579-6545