カラーをもっと知るブログ

2016121901

あなたがスーパーで,たくさんの新しいスナック菓子の中から1つ選ぶとしたらどのような基準で選択するでしょうか?特徴的で目に付くパッケージが大きく気を引くことは間違いないでしょう.

世界で話題のカラー・オブ・ザ・イヤーをいち早く商品化するには?

 Pantoneカラーオブザイヤーの発表はいつもエキサイティングなニュースとして世界の主要なメディアで取り上げられています。Pantoneカラーオブザイヤーはこれからやってくるトレンドを示唆するだけでなく、マーケティングや製品開発において、ブランドやデザイナーへのインスピレーションを提供する重要な役割を果たしてきました。

2016年読者が最も関心の高かったトピック
 

1年で最も素晴らしい時期、2016年の思い出はまだ鮮やかで…成功を祝い、そしてこれから始まる1年に何が必要かを考える時かもしれません。

トリックなし、トリートだけ!
 

私たちが見ているものは多くのことに影響されています。錯覚はただ面白いだけではありません。これらは私たちが周囲をどのように見て、知覚しているかを教えてくれます。

思い通りのネイルポリッシュの色をあなたに
 

マニキュアサロンに足を運んだり、好きな化粧品、コスメショップを訪れて、そこにあるネイルポリッシュのカラーバリエーションは、あなたを圧倒するほどあるのに、実際にあなたが探している色は見つけられないということはありませんか?

"測定値がサプライヤーの測定値と異なることがありますか?
 

測定値がサプライヤーの測定値と異なることがありますか?実は、こうしたお客様は多いのです。

色/カラーは大切
 

色/カラーは大切と言われますが、なぜでしょう?実際、製造過程において色は欠かせない要素です。

HOW DESIGN LIVEでの発表内容はもうご確認いただけましたか?
 

先週、アトランタにて「HOW Design LIVE 2016」が開催され、エックスライトは出展いたしました。ここで発表されたデザイナーが求める色を実現する最新のカラーコントロールツールをご紹介いたします。

テキスタイル業における素材確保を成功させるための秘訣
 

コスト削減や、需要の拡大に対応して、アメリカのテキスタイル業界やアパレル業界各社は、グローバルでの資材調達へとシフトしています。ノースカロライナ州立大学の研究によると、この傾向は貿易協定の進展を背景により顕著になっており、結果として、製造業者の多くは、高品質な資材を低価格で提供することのできるサプライヤー探しにプレッシャーがかかっています。

色を管理することで市場における偽物の横行に対処する方法
 

「にせ」という言葉を聞いて何を思い浮かべますか?偽札などでしょうか?実は、「にせ」はもうちょっと、深いところまで表す言葉です。言うなれば、世界中のあらゆる業界全てに影響を及ぼすのが偽なのです。

コンピューターでのカラー・フォーミュレーションを始める時期ですか?
 

色を配合する際、どれほどのトライアンドエラーを繰り返さなくてはならないでしょうか?3回以上と答えた人は、コンピュータを使ったカラーマネジメントソリューションの導入を考える時期かもしれません。

卵を染めることから パッケージデザインについて学べること
 

私たちが知る必要のあるものはすべて幼稚園で学ぶと言われていますが、このフレーズは印刷担当者やパッケージ・デザイナーにとっても当てはまるでしょうか?

色は私たちの世界にどんな影響を与えているのでしょう?
 

エックスライト・パントン社は、お客様が色を指定、コミュニケーションし、色を生成、一貫して管理することを、自信を持ってサポートしています。

なぜ印刷された色が違って見えるのか:計測の必要性
 

もし世界がパーフェクトな世界だったら、印刷機にインクを入れて印刷したとすれば、一貫した色が実現できるでしょう。

ワークフロー全体において一貫した色を得るためのツール
 

ワークフロー全体において一貫した色を得る道は、長い旅路のようなものです。

カラーコミュニケーションは難しくありません!
 

カラーコミュニケーションは難しいものだと思っていませんか?「りんご」と聞いて、赤、緑、黄色どの色を思い浮かべるでしょう。

大手FMCG(日用消費財)メーカーが教えてくれたパッケージのブランド・カラー・レッスン
 

グローバルなパッケージング(包装)サプライチェーンで2,000色以上のブランドカラーを管理(色管理)しようとすると、どうなるでしょうか? とても複雑なことになってきます!

余ったインクを捨てていませんか? もう一度使えます!
 

ブランドオーナーは、消費者の目にとまる商品パッケージを日々求めています。そのため、印刷会社は、印刷時間を短くし、特殊な色材で、正確なカラーを実現することを求められています。多くの印刷会社が、インク調色(インクの色)に多くの時間を費やし、色が正しくないときには、そのインクを捨てることになります。

消費者は自然に「人とのつながりがある」 ブランドを選択する
 

米国のマーケティングイベントFUSE 2017は、ブランドは今日の社会で単に生き残っているだけではなく、繁栄しているという貴重な知見を示しました。

デジタル基準色に適した測色計を使用していますか?
 

テキスタイル、自動車部品、プラスチック製品のいずれの生産においても色の一貫性を実現することは重要で、色が異なる場合、最終製品が採用されないという事態が起こりえます。残念なことに、製造過程では、カラーエラーが発生してしまう可能性は高い現実があります。

多角度分光測色計
 

車の塗装を見たときに、見る角度によって変わった印象を受けたことはありませんか?明るさが変わるときもあれれば、色が変わるときもあります。

お問い合わせ/見積もりの依頼 info@xrite.co.jp または 03-5579-6545