カラーエキスパートブログ

印刷の濃度の単位は何?
 

X-Riteのテクニカルサポートチームでは、よく「印刷の濃度の単位はなんですか?」という質問を受けます。印刷濃度というのは何でしょう?こちらであらためて、説明しています。

続きを読む...

濃度ステータス
 

印刷物や写真感材の濃度を評価する際、使用する色材の特性に応じて評価する(チェックする)波長領域を変えて濃度を算出します。

続きを読む...

濃度ステータス2
 

前回、ISOのプロセス印刷用の濃度ステータスとして、ステータスT,E,Iがあることを紹介しましたが、今回はその内容をもう少し詳しく見ていきたいと思います。

続きを読む...

濃度ステータスTとE、あなたはどっちを使ってる?
 

前回、ステータスTとEを説明しましたが、それでは、ステータスTとEの どちらを使用すればいいのでしょうか? 印刷のプロセス印刷では、基本的にはどちらを使用しても良いと思います。 問題は常に同じステータスを使用することです。あるときはステータスTを使用して、あるときはEを使用するといったことをしてはいけません。

続きを読む...

濃度を測定すると何が分かるの?
 

さて,色の管理やカラーマネージメントとしては色彩値であるL*a*b*測定が中心となっている昨今, どうして依然として濃度値を使用するのでしょうか?

続きを読む...

POL
 

POLというのは濃度測定時に使用するフィルターで、Polarization Filterの略で偏光フィルターを意味します。

続きを読む...

白紙基準濃度って何だ
 

濃度測定の設定項目でもう一つ大切な要素が用紙濃度を含んだ濃度を測定するか、含まない濃度を測定するかという設定です。

続きを読む...

ドットゲインについて
 

濃度から派生する印刷品質の代表的な管理指標であるドットゲインについて説明します

続きを読む...

ビジュアルドットゲインとメカニカルドットゲイン
 

ビジュアルドットゲインとメカニカルドットゲインの違いを説明します

続きを読む...

ビジュアルドットゲインとメカニカルドットゲインの測定および計算方法
 

今回はビジュアルドットゲインとメカニカルドットゲインの測定および計算方法について説明します。

続きを読む...

色彩値 色を数値で表す
 

これまで濃度に関連する測定値に関して説明して来ましたが、今回からLabなどの色彩値について簡単に説明していこうと思います。

続きを読む...

数値がどのように求められているかを説明します
 

色彩値のL*a*b*は数値で指定できる色空間を構成すると申し上げましたが、今回から、それらの数値がどのように求められているかを説明していきたいと思います。

続きを読む...

数値がどのように求められているかを説明します
 

今回は残りの2つの要素である②「色としての物体」と③「受光器としての目」をとりあげます

続きを読む...

色彩値の2°と4°?
 

前回の話で人の視覚の波長応答特性としてCIERGBの等色関数ができたとこまでを説明しました。

続きを読む...

色彩値XYZを計算してみよう!
 

これまで、色彩値の算出に必要な3つの要素、①照明としての光、②色としての物体、③受光器としての目をそれぞれ説明してきました。今回は、これらの要素から得られた値を使用してどのように色彩値を算出するかを説明します。

続きを読む...

均等な色空間の試み
 

今回は前回説明した色彩値CIEXYZから均等な色空間への試みを説明しようと思います。

続きを読む...

色差について
 

前回は色彩値の成り立ちと数値化の道筋を概観しました。

続きを読む...

楕円の色差式
 

前回の「色差について」で説明したように、L*a*b*の色空間は小さな色差(ΔEで5以下程度)での判断が必要な用途では、人間の視覚判断との相関が良くありません。

続きを読む...

20180529 01
 

今回から色の測定器、測色計に関して少し説明していきます。
測色計は大きく分類すると、色彩の元となる3つの刺激値を直接測定する刺激値直読法による装置と、分光反射率(透過率)を測定して、そこから計算によってXYZやL*a*b*などの三刺激値、もしくはその他のインデックスを計算する分光測色計(分光光度計とも呼ばれます)とに分かれます。

続きを読む...

20_濃度計と分光濃度計
 

前回は色差計、色彩計、分光計の違いを説明しましたが、今回は濃度計と分光濃度計の違いについて説明したいと思います。

続きを読む...

測色計のジオメトリ(光学幾何条件)
 

今回は測色計のジオメトリ(光学幾何条件)について説明します。

続きを読む...

分光器のしくみ
 

今回は分光器の仕組みについて説明します。

続きを読む...

印刷物とプルーフを比較する照明はどう選ぶ?
 

今回から、何回かにかけて、色を評価するために照明、ビューイングブースについて説明します。

続きを読む...

演色評価数って何?
 

演色とは、照明の光が物体色の色の「見え」に及ぼす影響を指します。

続きを読む...

さまざまな演色評価インデックス
 

今回は分光器の仕組みについて説明します。

続きを読む...

照明評価の条件等色指数って何?
 

条件等色指数を使用することで演色評価数を補う照明評価が可能になります。

続きを読む...

蛍光増白剤の含有量をチェックする増白インデックスΔb_
 

使用する用紙には、どの程度蛍光増白剤が含まれるか?

続きを読む...

観察環境に全般に関しての注意点
 

色のビジュアル評価をする際の観察環境に全般に関しての注意点

続きを読む...

Ci7000 シリーズ ベンチトップ分光測色計
 

Ci7000シリーズ ベンチトップ分光測色計に搭載の先進の測色テクノロジーについて

続きを読む...

3300
 

積分球測色計で光沢を測定ができる!

続きを読む...

PANTONEカラー指定色の品質管理方法
 

eXact(スタンダード/アドバンス)に搭載されてるライブラリ機能を使用して PANTONEの色番号で指定された色が正しくプリントされているかを簡単にチェックできます。

続きを読む...

3500
 

電飾サイン用透過プロファイルの作成の流れと具体的な作業のステップを紹介します。

続きを読む...

3600
 

生産する製品の色彩管理を行う場合、基準色に対する色差による数値での合否判定を実施します。
この合否判定を行うための閾値となるのが色差許容値です。

続きを読む...

3700
 

CCM Computuer Color Matchは、従来、調色技師が経験をもとに目標色に対しておこなっていた調色配合作業を、目標色を測色計で測定することで、着色剤の配合をコンピュータの計算モデルを基に、どの着色剤をどの配合比率でミックスすれば目標色を精度よく作成できるかを予測・ガイドするシステムです。

続きを読む...

3800
 

今回はCCM調色計算で最も基本とされているクベルカ・ムンク理論について、その導出の基本理論を追いかけてみます。

続きを読む...

3900
 

前回はクベルカ・ムンク式の計算の導出について説明しましたが、今回は、その式を利用した不透明塗膜の調色定理について説明します。

続きを読む...

4000
 

今回はクベルカ。ムンクの計算式を使用し、濁りの無い透明色材における調色計算の考え方である一定数法を説明します。

続きを読む...

お問い合わせ/見積もりの依頼 info@xrite.co.jp または 03-6374-8734