「写真をプリントしてみたけれど、なんとなく思ったとおりに色がプリントされない・・・」そんな経験はないでしょうか?

本セミナーではフォトグラファーであり、カラーエキスパートである小林宗正氏が、撮影の入り口からプリントまでの工程で、「色を大切にした」プリントのための必須ポイントを解説します。

デジタルカメラで撮影し、思いどおりのプリントを仕上げるためには最初の撮影時のカメラの設定や、ソフトウェアでの現像手順がとても重要です。また、用紙プロファイルのあつかい方など、参加者が戸惑うことが多いポイントもこのセミナーでわかりやすく学ぶことができます。

この機会にプリントの仕上げかたを楽しく学び、素敵な作品づくりを始めましょう!

 

【こんな方におすすめ】

    • 写真撮影からプリントまでの作業でわからないところを解決したい
    • モニターとプリントの色が合わずに悩んでいる
    • カラーモンキーフォトの使い方を知りたい
    • 写真のイメージにあった、魅力的な用紙にプリントしてみたい

 

 
【講師について】

講師: 小林 宗正 (フォトグラファー・色評価士・電塾本部運営委員・ニコンカレッジ講師)

1968年日本大学芸術学部写真学科卒業、(株)東急エージェンシー 写真部を経て、1987年に(株)ムネスタジオを設立、現在に至る。朝日広告賞、毎日広告賞などを受賞。静物・ファッション・人物・風景等モチーフにとらわれず広告分野の仕事を手がける他、写真館・用紙・カメラメーカー・印刷関係等々でカラーマネージメントやデジタルカメラに関する「撮影入口から印刷を含めた出口まで」の講演や執筆活動を行う。

kobayasi image

ホームページ www.mune-studio.com


【セミナー概要】

・テーマ 「プリントを思い通りに仕上げる」

・日時: 831日(土) 12:3018:30

・場所: エックスライト・セミナールーム(住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田2-30-4 BR五反田7F

・定員: 12名

・参加費用: 5000円 (プリント用紙代含む)

・用紙:下記の種類から1つお選びいただきます。

  1. ピクトリコプロ・セミグロスペーパー PPS200 A3+ 
  2. アワガミファクトリー 楮厚口 白 A3
  3. Hahnemuhle(ハーネミューレ) Photo Rag Baryta A3+

・主な使用機材:カラーモンキーフォト(X-Rite)、EIZO ColorEdge CG210, Adobe CS6 Photoshop、EPSON-5V, Canon Pro-1, Pro-10

・持参するもの: プリントする画像のRAWデータ

お願いと注意点:

  • 画像データをRAWデータでお持ちください。

  • 画像データはUSBメモリでお持ちいただくことをおすすめいたします。

  • 筆記用具をご持参願います。

  • 商用印刷に関する内容は含みません。 

 

【主なポイント】

1- RAW 撮影が基本
2- カメラ側の設定はシンプルに
3- 簡単フォトショップ
4- 用紙の選び方とiccプロファイルの使い方

最終的には参加者の方にご自分の写真データをプリントしていただきます。

特徴ある用紙をご用意していますので、お楽しみに!

 

定員に達したためお申込受付を終了いたしました。ありがとうございました。

  

お問い合わせ/見積もりの依頼 info@xrite.co.jp または 03-5579-6545